「年金:受給者にも言わせて ご意見募集中」について

年金:受給者にも言わせて ご意見募集中」について
年金は国会での審議を必用としない特別な財源として政府が勝って気ままに使ってきた。
子育てを個人のこととして、少子化解消に抜本的施策をサボってきた。
いまさらわれわれに責任を取らせれては困る。とはいえ小泉さんに多くの国民は投票行動で、間接的に了解してきたと言われる今はとかえすことばがない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2015
2005年03月18日 12:27
>>小泉さんに多くの国民は投票行動で、間接的に了解してきたと言われる今はとかえすことばがない。

私も、年金について色々調べて色々議論してきましたが、最近気持ちが変化してまいりました。こんなに問題が多く不公平・不公正なことを許してきたのは自分の責任だと。小泉さんに言われたくないですが近い感覚です。

ではどうするか。今からでも遅くありません。あらゆる不公平・不公正を白日のもとにさらして国民が自分の年金を良くしるべきです。知らないで議論しても今の議論のように不毛です。お互いに攻撃し、感情的になるだけで更に混迷するだけです。

2015
2005年03月18日 12:28
私が結論として今もっている案は、公務員を減らすか、年金を減らすかという二者択一になると思うのです。公務員をこのままにしておいたら、(40兆円の公務員人件費)年金は減るしかありません。公務員を減らすことができれば年金は減らさなくてすみます(平成14年42兆円)。公務員を減らすことができなければ年金増やせなんていうべきではありません。国民一人一人が考えて年金政策を判断し、政党に対してどちらを選ぶか迫ればいいのです。若者の10%でも投票行動に真剣に動いたら政権は、ひっくりかえります。

この記事へのトラックバック